ハイウェイテクノフェア2021 講演会概要

印刷アイコン
講演会

ハイウェイテクノフェア2021 講演会概要

001.jpg

開催日時

2021年10月7日 (木)13:30~15:00 (90分)
(聴講受付時間)
講演会事前登録をされた方は開始30分前にお越しください。


講 師

中野なかの 公彦きみひこ 氏
東京大学 生産技術研究所 
 教授 博士(工学)


演 題

「自動運転・運転支援に関する研究の現状と今後の展望」


講演会会場

東京ビッグサイト レセプションホールA

プロフィール

東京大学大学院産業機械工学専攻博士課程修了(2000年)、山口大学工学部、大学院医学系研究科助教授等を経て、2006年10月に東京大学生産技術研究所助教授(現准教授)に着任。大学院情報学環配属を経て、2018年に現職となる。車両工学、制御を専門とし、人間工学の面からも研究を進めている。日本機械学会、自動車技術会、計測自動制御学会、米国機械学会、IEEEの会員である。


講演会概要

自動車技術は、運転支援(レベル2以下)から、自動運転(レベル3以上)の領域に入ろうとしている。その研究領域も、車両単体の技術から、人間であるドライバとの協調、他車両、インフラとの情報通信を行うことを前提にしたものに移りつつある。また、運転主体が人間から機械に移るため、法制度、倫理、社会受容性等の検討も必要とされている。あるべき社会の姿が不透明なまま、業界、官庁、そして学問分野の垣根を超えた思考が求められている。今までの自動運転・運転支援に関する研究を紹介しながら、今後の動きを展望する.

定員に達したため、事前受付を終了致しました。
講演会の当日受付は10月7日会場(レセプションホールA)にてご案内します。

PAGE TOPPAGE
TOP